忍者ブログ
先物ミニでどこまでいけるか頑張ってみるブログ。
[75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



FAP(家族性アミロイドーシス)という難病と闘っている貞さんが

無事に肝臓移植出来ることを祈って。



****


なぜ、この貞さんの募金のことを記事にしたのか。

そのことを、ちゃんと皆さんに説明すべきかどうか、ここ2・3日悩んでいた。

いつもバカみたいな記事をかいて

頭の中はウンコだらけの私が

いきなり真面目に記事を書いても・・・という思いもあるし

募金自体、お金が絡むことなので、扱いが難しいというか、なんと言うか。。


でも、やはり何故いきなり記事にする気になったかということを

簡単に説明しておこうと思う。


****


実は私は、高校・大学を共にした友人を病気で亡くしている。

友人はそのとき25歳だった。

原因不明の不治の病。

私が家族の人に教えてもらったのは、それだけ。

本当は、教えてもらえなかっただけで、病名等は判明していたのかもしれない。

でも、本当に治療方法はなく、最後数ヶ月は自宅療養するしかなかった。


医療技術が進んでいる現在において

原因がわからない病気があるなんて、信じられなかったし

不治の病で若くして亡くなるなんて、ドラマの中だけの世界だと思っていた。



あのときの、喪失感、無力感、絶望感といったら・・もう・・



私、何にも出来なかったんだ。何にも・・・





****


ウチダさんには、同じ様な気持ちを味わってほしくないし

貞さんには、希望を捨てずに頑張ってもらいたい。

だって、病気の進行を防ぐ方法があるんだから。




私の友人の時は、何も方法がなかった。

でも、今回は可能性が残されている。

だから、私は少しでも助けになりたいと思って、募金したし

こうやって記事にした。


偽善だといわれるかもしれない。

確かに、貞さんの臓器移植の手助けをすることによって

友人を亡くしたときの後悔の念を、紛らわせているだけかもしれない。

自己満足だ。うん。




何か役に立てた。

そう思えるだけで、ウチダさんに感謝したいぐらいだ。



ウチダさん、ありがとう。


貞さん頑張れ!







****




「そう、妄想も嘘。」にて、募金のことを記事にしたブログということで

ご紹介いただきました。


当ブログ以外にも、多数のブログで募金の呼びかけがあったようです。

その中で「ねじを巻け、そして服を脱げ。」というブログがあるのですが

こちらも私がいつも拝見させていただいているオモロブログです。

いや、マジでオモロイから。

一度読んでみてください。

文章だけでコレだけ人を楽しませることが出来るって素晴らしい。




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
実は私も
FAP家系です。

発症リスクは、私を含め8名です。

よく「○○○ちゃんを救う会」など乳幼児には多額の募金が集まりますし、社会的組織があれば大人でも募金が集まります。

私たちには、それがありません。一応「移植保険」には入ってますが、2000万ほど足りません。

血液型も非適合で、生体肝移植も無理です。

発症の恐怖に怯える日々です。

よし 2007/03/18(Sun)06:04:30 編集
(/e・)/
ビヨにできる範囲で協力します♪
貞さん・・きっと元気になりますよ!
(・e・)/
ビヨビヨ URL 2006/08/29(Tue)20:48:47 編集
春さん
貞さんには頑張ってもらいたいですね。
私には応援する事しかできなくて、少しもどかしいですが。

春さん、お父さんになるんですか?
いつ?いつ?もうすぐ??
おめでとうございます~~~♪
無事に元気な赤ちゃんが生まれますように☆
かのん 2006/08/29(Tue)12:52:12 編集
チェッカーさん
気を遣っていただいてありがとうございます。
言葉って、無意識で人を傷つけてしまったりして
難しいですよね。
逆にほんの些細な一言で人を救ったりも出来ますが・・
チェッカーさんの経験って、もしかして少し前にブログに書かれていたことでしょうか?
あの時は私もなんと言葉をかけていいかわからず
コメントを控えていました。

応援、本当にありがとうございます。



かのん 2006/08/29(Tue)12:42:58 編集
無題
おひさです
俺も19歳の時に死を意識する病にかかりました
手術は成功して
命をひらい
それから十数年
気がつけば親になろうとしてます


なんかあの時のことを思い出しました

頑張って欲しい
心から思いました
2006/08/28(Mon)23:55:45 編集
無題
25日の記事が真面目な内容で、どうコメントしてよいものか悩んでいました。
表現の仕方を間違えると、相手を傷けてしまう恐れがありますから、コメントするのが慎重になっていました。
実際に、メールが間違った伝わり方をしちゃって、相手が深く傷ついてしまったこともあったので…

私も同じような喪失感、無力感、絶望感を経験しています。
とても共感が持てましたので、微力ながら応援したいと思います。
checker1133 URL 2006/08/28(Mon)20:35:18 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30


プロフィール


管理人:カノン


カノンのイメージ画
指数をチェゲラッチョ!
Books
バーコード
著作権について
当ブログで紹介している画像の著作権は各画像の製作者にあります。 掲載について問題のある場合は直ちに削除いたしますので連絡ください。
crabcanon2000@yahoo.co.jp
忍者ブログ [PR]