忍者ブログ
先物ミニでどこまでいけるか頑張ってみるブログ。
[93]  [94]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



東証大引け・反落で1カ月半ぶり安値――2部指数は9日続落 22日の東京株式市場で日経平均株価は反落。終値は前日比199円56銭(1.26%)安の1万5634円67銭と、8月11日以来1カ月半ぶりの安値水準だった。前日の米株式相場が米景気の減速懸念で反落したうえ、外国為替市場で円安に一服感が強まったことを嫌気し、輸出関連株を中心に幅広い銘柄が売られた。後場中ごろにかけて先物主導で下げ足を速め、下げ幅は一時250円を超えた。東証株価指数(TOPIX)も反落し、終値は8月8日以来の安値水準だった。

 米フィラデルフィア連銀が米国時間21日に発表した9月の製造業景気指数が大幅に悪化し、同日の米市場では米景気の先行き不透明感から米国株とドルが売られた。一方、国内で内閣府と財務省が朝方に発表した7―9月期の法人企業景気予測調査で大企業全産業の景気判断指数(BSI)が3期ぶりに改善したが、株価の下支え効果は限られた。

 株式需給の悪化懸念が市場心理を弱気に傾けた。日経平均が4月7日に年初来高値を付けた局面で信用取引を利用して株式を買った投資家の返済期日(6カ月)が近づいているほか、10月決算期が多い米ミューチュアルファンド(投資信託)による節税目的の売りに警戒感が根強い。国内勢は9月中間期末を控えて売買を見送る気分が強く、積極的な買い手が不在の展開だった。


買いたいと思っていたアルデプロがなぜか噴く。

ちょ・・・待ってよ。

なんだか泣きたくなった。

でも、追っかけ買いはせず。

他にも銘柄はいっぱいあるんだし。

冷静に冷静に。。。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30


プロフィール


管理人:カノン


カノンのイメージ画
指数をチェゲラッチョ!
Books
バーコード
著作権について
当ブログで紹介している画像の著作権は各画像の製作者にあります。 掲載について問題のある場合は直ちに削除いたしますので連絡ください。
crabcanon2000@yahoo.co.jp
忍者ブログ [PR]