忍者ブログ
先物ミニでどこまでいけるか頑張ってみるブログ。
[106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [98]  [99]  [97]  [95]  [93
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

・・・・



泣いてもいいですか?








大和工業

 日足            5分足



9/27 買 2470×100


なんでや?
一体何があってこんなに下がるんや?

訳がわからずリカクを躊躇しているうちに
とうとう含み損発生!
含み損なんて大嫌いだ~~!!!!

明日の朝の様子を見て
ダメっぽいなら容赦なく切る!!!!



カブドットコム

 日足            5分足


9/27 買 199000×1






日経225mini

9/28 買 16020×1



日経225先物 

   日足                        5分足

東証大引け・小反落、朝安後は底堅い展開――TOPIX、2部も反落
 
3日の東京株式市場で日経平均株価は小反落。終値は前日比12円20銭(0.08%)安の1万6242円9銭で、5営業日ぶりに下落した。前日2日の米株安を嫌気した売りが先行し、前場中ごろには下げ幅を100円超に拡大した。その後は押し目買いや売り方の買い戻しなどで徐々に下げ渋り、後場は上げる場面もあった。ただ積極的な上値追いの動きはみられず、戻り待ちの売りに押されて小安い水準で終えた。東証株価指数(TOPIX)も5営業日ぶりに反落。

 日経平均は前日までの4日続伸で700円近く上昇していたため、高値警戒感を背景にした売りが重しになった。ハイテクや自動車など輸出関連株は高安まちまちだったものの、海外商品市況の軟化を受けた石油や鉱業、商社など資源関連株の下落が目立つ。もっとも、急ピッチの上昇の反動としてはむしろ底堅い展開。前日発表された日銀企業短期経済観測調査(短観)などで示された、国内景況感の改善は下支え要因になっていたようで、朝安後上げに転じる銘柄も多かった。

 今年屈指の大型上場となる野村不HDが新規上場。買い気配で始まり、公開価格(3500円)を11%上回る3900円で初値を付けた。その後も積極的な買いで初値を上回って推移したことも投資家心理を下支えした。大引けは4120円で、日通しの売買代金は1911億円に達した。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30


プロフィール


管理人:カノン


カノンのイメージ画
指数をチェゲラッチョ!
Books
バーコード
著作権について
当ブログで紹介している画像の著作権は各画像の製作者にあります。 掲載について問題のある場合は直ちに削除いたしますので連絡ください。
crabcanon2000@yahoo.co.jp
忍者ブログ [PR]